IPE研究会 次回の会合
 
日時
3月17日(日)15:00-18:00

場所
東北大学 東京サイト
東京都中央区日本橋本町2-3-11
日本橋ライフサイエンスビルディング912号室


 
 

発表
敗者の安心供与としての日本国憲法第九条
――戦争放棄の起源――

発表者
福島啓之
東京大学大学院 総合文化研究科 学術研究員

討論者
板山真弓
東京大学社会科学研究所 特任研究員


要旨
 本報告は、日本国憲法第九条の戦争放棄条項が制定される
までの歴史的経緯を見直し、その敗者の安心供与としての
作用に着目する。これにより、戦後の日米関係が全面戦争
から平和の回復へと、劇的な形で紛争の収束に向かった理由を、
理論と歴史の実証の両面から説明する。敗者の安心供与論の
立場に基づいて検討を行うと、戦後の日本は、憲法九条の
規範的な自己拘束により、勝者の抱く反逆への警戒心を払拭
しようと努めたと理解される。すなわち、日本の反逆を軍備
禁止により不可能にしたいと考えていた米国の懸念と要望に
対し、日本は戦争と軍備を否定する規範拘束シグナルによる
安心供与で対処したという見方ができる。よって、憲法九条は、
自省的な平和主義の観念に由来するというよりも、本来は
平和的な意図を米国といった相手に伝える安心供与のシグナル
としての実用的な意味を帯びていたとみられる。その起源に
ついては、敗者の民主的な制度に裏打ちされた、無防備の
原則の宣言による安心供与と捉える解釈を示すことができる。






     
 

→ 「IPE研究会」フロントページに戻る